皮膚科で首イボを治療するならハサミで切除する方法がある

 

首や脇や胸のイボは病院での治療が行われています。

 

3種類ほど治療方法はありますが、今でも多いのがハサミで切除をしてしまう方法です。
医者の手によって医療用ハサミを用いてハサミで切りとってしまう手術の方法があるのですね。

 

首イボの原因は角質が関係をしています。
それならば自宅で自分でハサミやピンセットや爪切りなどで切り取っても良いのではないかと考えるのは当然です。

 

特にイボの数がたくさんあるのとは違い、ぽつぽつと数個程度しかないのであれば、簡単に取れそうではありますからね。

 

ここでは首イボを自宅で取る方法としてハサミで切る方法について解説をしていきます。自分で切り取ってしまう前に必ずごらんになるようにお願いします。

 

首イボは自分で切り取っても良いのか?デメリットが2つのあるので駄目

 

首イボを自宅で自分んで切る方法ですが、結論からすればあまりおすすめすることができません。
もしも、検討をしていたのであれば、原因などをいまいち理解ができていないはずなので、あらためて確認をした方が良いです。

 

自分でハサミで切るデメリットとしては2つ考えられます。

 

・痛みや跡が残るリスク
・原因の解消は全くできていない

 

首イボの原因は紫外線ダメージの蓄積や肌ケア不足や遺伝などによる、肌力の低下となっています。

 

そのため、ハサミで切り取ることはもちろんのこと可能ですが、上記のデメリットが伴います。
また、医師ではなく素人が行うので絶対に止めた方が良いです。

 

痛みや跡が残るリスクが高い!雑菌が入ることもある

 

首イボを形成しているのは古い皮膚が固くなった角質です。
そのため、取ること自体には全く問題はありませんが、皮膚に接合をしています。

 

しかし、接合部分を適切に切るなんてことは当然のことながら素人にできることではありません。
そのため、切りすぎてしまえば激痛となることもありますし、一生消えない跡が残ってしまうこともあります。

 

逆に切る部分が少ないと当然のことながらイボが残ったままにもなります。

 

あくまで医師が行う手術方法であって、素人が簡単に行える治療方法ではないのですね。
上手く切れなくて後悔をしてしまうリスクの方が高くなってしまいます。

 

結局は原因の解消をしていない!イボが再発するので意味がない

 

首イボのような老人性イボに大事なのは原因の解消をすることです。

 

病院での治療でハサミで切る方法やレーザーや液体窒素で取る方法はあります。しかし、どれに関しても処方薬を渡され、継続的に服用をしていかなければなりません。

 

あくまで切り取っているだけであって、原因である肌の改善を行えている訳ではありません。

 

そのため、自分で切ったとしても結局は市販薬やイボ取りクリームなどを使ってケアをしなければなりません。
ケアをしなければ結局は原因である肌機能のターンオーバーは低下したままとなっています。

 

そのため、再発をしてしまうだけでなく、肌へ負荷を与えることで余計に数が増えてしまったりするようなことにもなりかねません。
以上の2点からハサミで自分で切る方法に関しては全くおすすめできないだけでなく、絶対に行わないようにしてください。

 

自宅でケアをするならイボ取りクリームや薬を使って取る

 

自分でハサミを使うって人の多くは自宅でケアをする方法を探している人が多いです。
わたしは病院は最終手段と考えており、同じような人ではないかと思います。

 

もしそうであれば、きちんと自分でケアをする方法があるので無理なことはしないようにしましょう。

 

自宅でのケアとしては市販薬を使った方法かイボ取りクリームを使った方法です。
薬だと副作用のデメリットなどもあるので、使用の際には慎重に使わなければなりませんが、それは処方薬でも同じことです。

 

それぞれの方法にメリットやデメリットがあるのですね。